ポール・マッカートニーみたいなカレー

curry14.02.04昨年の夏から「スパイスの伝道師」こと料理研究家の渡辺玲さんにインド料理のご指導を頂いています。
渡辺さんと玉ねぎのカットの大きさや量、炒める油の種類や量などイチからレシピを見直すことからはじめ、実験と検証を重ねて最初に出来上がったのが、今では定番の「野菜カレー」。
完全オリジナルで、ちょっとマニアックなカレーなのです(笑)。まだお召し上がり頂いたことのない方は、ぜひ。

この数か月でだいぶレパートリーも増えてきたのですが、インド料理は奥が深く、昨日はマッカーニーというインドで人気のカレーソースを勉強しました。いちいち頭の中でポール・マッカートニーを想像してからでないと、マッカーニーという名前が思い出せなかった時期もありましたが(笑)、やっと名前も覚えました。
マッカーニーは日本でも人気のバターチキンカレーなどに使われるトマトと大量のバターと生クリームを使ったマイルドなソースなのですが、これを動物性素材フリーのあっさり、でも食べごたえのあるソースに仕上げます。

そして数時間後の試食タイム。
カレーバイキングみたいなお皿になってしまいましたが、定番野菜カレー、ベジマッカーニー、小豆ベースの豆マッカーニー、厚揚げマッカニーが並んでいます。
マッカニー、それぞれ個性があって美味しいです!
そのうちカフェでも登場する予定ですので、ポール・マッカートニーみたいなカレーということで覚えておいて下さいね!

 

Copyright © SASAYA CAFE. All rights reserved.