七分づき米について

ささやカフェで現在取り扱っているお米の種類と産地は七分づき米が福島県の特別栽培米のコシヒカリ、玄米が高知県のJAS認定有機無農薬コシヒカリです。

 今日はその七分づき米に関してお話しさせて頂きます。

私達が福島県の森藤農園さんにお会いしたのは2011年夏のことです。当時、年に1回弊社は墨田区の職人さんとその作品を紹介するイベントを開催していました。震災の年からは東北の復興を願った作品紹介や物販などを行うために、東北の農家や酒蔵を紹介して頂いたことがきっかけで、森藤農園さんとのお付き合いが始まりました。

 弊社でのイベント以外での物販の機会も1回、2回と回を重ねていくうちに、近隣の方々が森藤さんのお米や、お餅を買いに来て下さるようになり、やがて地元の企業の方々を対象に森藤さんのお話を交えながら試食会も2~3ヶ月に一度のペースで行ってまいりました。

昨年の6月に現在のささやカフェの前身となるカフェスペースができた際には、森藤さんのお米を使ったおにぎりセットというメニューも登場し、10月の新米の季節は特に人気でした。

昨年の稲刈りの時期には私達も田んぼにお邪魔して、稲刈り体験&ものすごい筋肉痛を体験させて頂きました(笑)

 森藤さんの田んぼがある須賀川市(旧長沼町)は福島県のほぼ中央に位置し、この地域のお米はもともと全国食味品評会でも全国2位、評価も最高ランクの特A5と実績がありましたが、リニューアル後もささやカフェで継続して森藤農園さんのお米を使用していくと決めたのは、物販、試食会、カフェで実際にお召し上がり頂いたお客様からの味の評価がとても高かったことが理由です。

 最後になりましたが、森藤農園さんは玄米の状態でJAの全袋検査で不検出の結果を受けた後、さらに検査機関に測定を依頼されました。その結果は以下の通りです。

放射性ヨウ素(I-131) 検出せず (検出下限値0.87Bq/kg)
放射性セシウム(CS-134)  検出せず (検出下限値1.08Bq/kg)
放射性セシウム(CS-137)検出せず (検出下限値0.98Bq/kg)

検査日2012年10月4日
ガンマ線スペトクトロメーター(ゲルマニウム半導体検出器)法

当店では、入口入って右手のカウンターで先にご注文とお会計をお願いしております。
お食事の際には七分づき又は玄米のどちらかお好きな方をお選び下さい。

Copyright © SASAYA CAFE. All rights reserved.